HOME│樹脂合成ができる分散加工メーカー 株式会社トクシキ

樹脂合成が出来る分散加工メーカー 株式会社トクシキ

沿革

HOME > 会社案内 > 沿革

創業

昭和23年(1948年)6月 鈴木特殊インキ研究所を株式会社に改組、特殊色料工業株式会社として発足。ラッカー着色剤に初めて顔料を使用。

昭和28年(1953年) 塩化ビニル樹脂用着色剤の製造開始。
35年(1960年) 本社工場を東京都北区より、葛飾区に移転。
36年(1961年) 大阪出張所を開設。
37年(1962年) 大阪営業所に昇格。
38年(1963年) 顔料合成工場完成。
39年(1964年) 塩化ビニルレザー用表面処理剤の開発に成功。
コーティング関連製品の原点となる。
42年(1967年) 千葉県柏市に表面処理剤工場を建設、生産を開始。
47年(1972年) 東京都葛飾区より生産設備の全面移転完了、柏工場として稼働を開始。
51年(1976年) アクリル・ウレタン樹脂の合成プラント完成。
53年(1978年) 交通標識用アクリル樹脂及び超耐候性透明インキを開発。
58年(1983年) 業界に先駆けてオレフィン用表面処理剤の開発に成功(自動車内装材用)。
60年(1985年) プラスティック塗料・特殊グラビアインキ等、
カラーコーティング部門の生産設備を増強。
自動車メーカーと機能性表面処理剤の開発(アクリル系)。
61年(1986年) 自動車関連市場への接着剤開発に成功。
平成元年(1989年) 代表取締役社長に鈴木將雄が就任。
新研究棟完成。
ウレタン系で機能性表面処理剤の開発(自動車用共同開発)。
2年(1990年) 新塗料工場完成。
資本金を1億3,595万円に増資。
紫外線(UV)硬化樹脂製品の開発。
5年(1993年) オレフィン系表皮用に機能性を高めたウレタン系表面処理剤を開発 (自動車用共同開発)。
7年(1995年) 高機能ウレタン系表面処理剤の開発(自動車用共同開発)。
電子材料分野に進出、液晶関連製品の開発。
8年(1996年) 米国及びドイツに自動車用表面処理剤の生産拠点を設ける。
9年(1997年) ライセンスプレート用高機能ウレタン樹脂を開発。
10年(1998年) インクジェット関連製品の開発。
11年(1999年) 本社を千葉県柏市に移転、本社工場として統合。
12年(2000年) 国際品質規格ISO9001:2000を認証登録。
13年(2001年) LCDカラーフィルター用着色剤の生産設備を増強。
15年(2003年) 社名を 株式会社トクシキ に変更、本社工場を現在地に新築移転。
17年(2005年) 隣接地を取得、第二期工事としてLCDカラーフィルター用着色剤のMF工場を建設。
同地内に社員用駐車場を造成。
18年(2006年) ブラックマトリックス用着色剤の開発。
20年(2008年) 光学フィルム用UVコーティング剤の開発。
20年(2008年) 代表取締役会長に鈴木將雄が就任。 代表取締役社長に鈴木益次が就任。
23年(2011年) UV硬化型自己修複塗料の開発。

沿革

お問い合わせ

お見積りをご希望の方、製品に関するお問い合わせは、以下メールフォームからお寄せください。

Copyright 2017® TOKUSHIKI CO.,Ltd All Rights Reserved.