HOME│樹脂合成ができる分散加工メーカー 株式会社トクシキ

樹脂合成が出来る分散加工メーカー 株式会社トクシキ

中国化審法対応!改良タイプCNT(カーボンナノチューブ)分散液(開発品)とは?特徴や種類、活用用途をご紹介

HOME > メディア > 技術情報 > 微粒子化技術 > 中国化審法対応!改良タイプCNT(カーボンナノチューブ)分散液(開発品)とは?特徴や種類、活用用途をご紹介
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
以前ご紹介したCNT(カーボンナノチューブ)分散液を上位互換モデルにアップデートいたしました。
今回は改良タイプCNT(カーボンナノチューブ)分散液の特徴や種類、活用用途をご紹介いたします。

CNT(カーボンナノチューブ)分散液の何が改良されたのか?

以前CNT(カーボンナノチューブ)の分散液についてご紹介いたしました。今回その上位互換品にアップデートいたしました。
CNTの特長は高い熱伝導性や導電性に代表されますが、その反面その分子構造の影響で加工しにくいという特徴があります。以前の記事でご紹介したように、トクシキでは樹脂を使わずに溶媒と分散剤のみで分散液にすることによって従来持つCNTのポテンシャル維持させつつ、さまざまな樹脂や溶剤との相溶性を持たせております。
おかげさまで多くのお客様から反響や引き合いをいただきました。お客様とのやり取りの中でいくつかのお声をいただいております。一つはCNT(カーボンナノチューブ)分散液の粘度が総じて高い点。もう一つは海外、特に中国への輸出をするにあたって中国化審法に準拠した製品が欲しいという点などがそれにあたります。
トクシキではそれらのご要望にお応えする製品の開発をいたしました。今回ご紹介する製品は以前ご紹介したCNT分散液の粘度が数千mPa・s/25℃に対して数百mPa・s/25℃レベルまで下げており、加工性を向上させております。また、長尺多層CNT分散液を除き、単層、多層の分散液において中国化審法への対応が可能にいたしました。
このように、お客様のご要望に応じてカスタマイズしご提供することも可能です。

改良タイプCNT(カーボンナノチューブ)分散液の活用用途とラインナップ

活用用途:

帯電防止材、フレキシブル電極、ウェアラブルセンサー用電極など

ラインナップ:

製品名 フィラー種 フィラー分(%) 溶媒 粘度(mPa・s/25℃) 中国化審法対応
9487SW 単層CNT 0.2 酢酸ブチル 40~200
9509MW 多層CNT 3 酢酸ブチル 50~300
9510MW 多層CNT 3 50~300
9326MWL 多層CNT(長尺) 1 酢酸ブチル 100~500 ×


<よく読まれてます>

微粒子分散液[製品紹介ページ]
機能性分散液[製品紹介ページ]
機能性コーティング剤[製品紹介ページ]
実験受託サービス[実験受託ページ]
分散加工サービス[実験受託ページ]
樹脂合成実験受託サービス[実験受託ページ]
低誘電率ブラック(黒色)分散液(開発品)とは?特徴、種類、活用用途をご紹介[メディア記事]

UVカチオン/アニオン/フロンタル重合向けエポキシ/オキセタン/ビニルエーテル媒体各種機能性フィラー分散液(開発品)とは?特徴、活用用途をご紹介[メディア記事]
透明導電性分散液とは?特徴や種類、活用用途をご紹介[メディア記事]
光触媒酸化チタン分散液とは?特徴、活用用途をご紹介[メディア記事]
CNT(カーボンナノチューブ)分散液とは?特徴や種類、活用用途をご紹介[メディア記事]
導電性酸化チタン分散液とは?特徴や種類、活用用途を解説[メディア記事]
高濃度カーボン分散液とは?特徴や種類、活用用途を解説[メディア記事]

高屈・低屈材分散液(開発品)とは?特徴や種類、活用用途をご紹介[メディア記事]

CNT(カーボンナノチューブ)分散液ページへ



まとめ

トクシキの改良タイプCNT(カーボンナノチューブ)分散液は以前のバージョンと比較して低粘度がすることにより加工性を向上させました。
トクシキの改良タイプCNT(カーボンナノチューブ)分散液は単層、多層の分散液において中国化審法への対応が可能になりました。
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

お見積りをご希望の方、製品に関するお問い合わせは、以下メールフォームからお寄せください。

Copyright 2017® TOKUSHIKI CO.,Ltd All Rights Reserved.